サーバーで使うハードウエア

  • Macサーバーの使われ方

    • Macのサーバー版はMacminiでプリインストールされているものを除けばOS単体での販売のみになっています。

      NAVERまとめの情報を簡単に探すことができます。

      もともとMacはUnix系のOSのよいところを取り入れており、Unix系の各種サービスと連携しやすい作りになっていますし、Windowsのファイル共有にも対応しており、自身でサーバーを作らなくても問題ない環境ではあります。ただし、Netbootなどを利用してマックを大量に扱う場合にはサーバーがまだまだ必要です。NetbootディスクレスでMacを稼働させる仕組みであり、大学などで採用が進められています。

      ユーザーの領域をサーバーで確保することで管理がしやすくなります。

      また、ネットワークが高速化されてきたこともあって使い勝手は格段によくなりました。



      Macのサーバー版は販売されており、自由にインストールできますが、仮想環境でも使われてきています。
      Macはクライアント版は仮想化で動作させるラインセンスが認められていないことからServer版の利用が多くなっています。

      Server版とクライアント版の違いは搭載されているアプリケーションの違いなので使い勝手はほとんど変わらず、アプリケーションもほとんど動作します。



      また、各種アプリケーションは他のマックとの連携が取りやすいものも多いので利用する方も増えていますが、ストレージとしての利用は他のOSを利用した方がコストが安いことなどから減ってきています。