サーバーで使うハードウエア

サーバーで使うハードウエア

サーバーではクライアントOSとは違ったハードウエアをよく利用します。

産経ニュースの様々な相談を受けることができます。

クライアントではビデオカードが重視される傾向がありますが、サーバーではオンボードに内蔵されたタイプが利用されることが多く、それほど重視されません。

レンタルサーバーの特徴についてをいくつか紹介しています。

ただし、GPUについては利用が進められてきたこともあって採用される事例も増えてきています。


中にはビデオ機能を削除して計算に特化したGPUボードも多数登場しています。



サーバーむけのハードウエアの多くはクライアント版に比べてPCIなどのインタフェースが多めに設計され、メモリも大量に搭載できるようになっています。特にインタフェースについてはホストとなることが求められるので多数用意されることが多いです。

また、ハードウエアベンダーの特殊なハードウエアは少なくなってきており、オープンな環境が特徴でもあります。そのためクライアントの上位互換でメモリが大量に載せられるインタフェースが多いマザーボードという印象を持つ方も多いです。CPUについてはクライアントで利用されないことが多いXEONが採用されることが多いです。
クライアントではi7やi5などが利用されるのですが、一番の違いはコア数です。

クライアント版もコアは増える傾向がありますが、サーバー版でもあるXEONは特に多くのコアがあります。サーバーの場合、並列処理が多くなりますのでコア数は重要です。また、Webやデータベースもマルチコアに対応しているので効果が高くなっています。

  • 読めば解る

    • Macのサーバー版はMacminiでプリインストールされているものを除けばOS単体での販売のみになっています。もともとMacはUnix系のOSのよいところを取り入れており、Unix系の各種サービスと連携しやすい作りになっていますし、Windowsのファイル共有にも対応しており、自身でサーバーを作らなくても問題ない環境ではあります。...

      detail
  • よく解る情報

    • 計算させたい場合に注意したいのがCPUで計算させるのか、GPUを利用するのかです。GPUを利用する場合は大きく分けて2つの方式があり、1つはグラフィックボードを利用する場合と、計算専用のGPUボードを利用するケースがあります。...

      detail
  • 対策方法

    • Linuxなどを利用してファイルサーバーを構築している方の多くは音楽データも共有してリモートで音楽を聞いていると言われていますが、音楽専用サーバーを構築する方も多くなっています。音楽専用サーバーはVertexboxなどのLinuxOSを利用して構築されることが多く、マウスも付けずにリモートで操作できる、また、音楽データをDAAPプロトコルを使って直接読み取るのでスムーズにアプリケーションに取り込めると好評です。...

      detail
  • 納得の真実

    • VPNを使えばリモートから自社や自宅のサーバーに安全にアクセスすることができます。ルーターなどでもVPN機能をもっている機種が増えていますが、比較的低スペックな機種やRaspberryPiでも動作するので自作する方も多くなっています。...

      detail